show  future  past  space  instagram  twitter

GUERRILLA CULTURAL MOVEMENT SEOUL

都市解体方法論:都市ピクセルの衰落と再生のはざま
ソウルゲリラ文化運動
2013年1月28日[月] - 1月30日[水]  開場時間12:00 - 20:00 入場無料

live performance
2013年1月28日[水] 時間18:00-20:00 入場無料

都市部がその平均寿命を超えたとき、どのような状態になるのだろうか。近年、いくつかの近代都市が急速に移行させられている。都市が、政治力、社会的流行、経済利益など本来の中心価値を失ったとき、都市は急速に空っぽになる。その結果、都市部の人々は、その都市に寿命を再び加えるか、またはそのまま消滅させるか決断しなければならない。これらの都市における変遷は、都市の全体規模に適応するだけではなく、都市ピクセルであるビル街や単体の建物の規模にもまた適応している。 

ソンパ区9-17は、ソウル市の中心に位置する建物で、近年重大な転換期に直面している。近隣地域の巨大な開発により、ある区画は消失せざるをえない状況だ。経済状況の変化により、元々の住民や大建造物のほとんどは何らかに置き換えられている。この空間の最期をかたずを飲んで待つ中、「ソウルゲリラ文化運動」は都市における破滅と構築のもうひとつの局面を作り出そうとしてきた。都市ピクセルのこの時期に、私たちは様々な地域化した文化イベントの実施を試みている。また、他の地域の文化とこのようなイベントを共有することにより、この方法論を拡大させ、同じ状況下にある国際都市にも共有しようとしている。 

参加アーティスト

Huira
画家、韓国ソウル在住。「Sbribbles3」(2011年東京)「Introduction」(2009年ニューヨーク)「Von Hess Award Group Exhibition」(2007年フィラデルフィア)。フィラデルフィア、ユニバーシティオブアーツ学士取得。

Beomki Lee
現在、米国ケンブリッジ州マサチューセッツ工科大学建築学修士在学(2012年)。建築事務所Toyo Ito & Associates, Architectsにてインターン(2012年)。 「Seoul2050」出展(2012年マサチューセッツ工科大学)

Chankyu Sung
画家、サウンドプロデューサー、韓国ソウル在住。「Sbribbles3」(2011年東京)「100 CUBES: Hyper-Complex Continuity Movement」(2012年ソウル)「Claim New Territories of Seoul City」(2012年ソウル) 韓国ファソン(華城)市、协成大学にて絵画学士取得 

Renée Kim
アーティスト、映像ディレクター、コマーシャル声優、韓国ソウル在住。映画「Average boy meets average girl 」監督 (2012年) 「By-Products Seoul」出展(2012年ニューヨーク)。韓国芸術総合学校にて美術学士号取得

Diny Lee
現在、ニューヨーク、プラットインスティテュートにてイラストレーションプログラムに在籍。「By-Products Seoul」(2012年ニューヨーク) 「Seoul2050」(2012年マサチューセッツ工科大学)「100 CUBES: Hyper-Complex Continuity Movement」(2012年ソウル) 

企画  GUERRILLA CULTURAL MOVEMENT SEOUL
協力  birdo flugas,  Holon gallery