MOZYSKEY Exhibition "MY NAME IS MOZYSKEY"

2014年7月25日[金] - 8月3日[日] 12:00~20:00 入場無料
MOZYSKEY(モザイスキー/文字図形)は、90年代から日本におけるグラフィティ・カルチャーの様々なアプローチを東京の水面下から行い、そのミステリアスな作風と、爆発的かつコンパクトな表現方法で活動を続けている気鋭のアーティストです。
2005年、水戸美術館で開催された大規模なグラフィティ展覧会「X-COLOR / グラフィティ in Japan」や、サンフランシスコ、ロンドン、東京の3都市を巡回したグループショー「SHINGANIST」への参加。2010年、森美術館で開催された「六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?」への”匿名”参加などでも多くの注目を集めました。
アルファベット、かな文字、漢字が混在し、可読性を越え、それを由とし刻印する、グラフィティ・ライターの描くタギング(名前やフレーズ、単語などを壁などに描き付けていくこと)を昇華した一連の造形美からは、機能性やシステムへの自由な挑戦と、東京のストリートで培われたセンシブルな魅力が本人そのものの姿として浮かび上がってくるようです。
その東北初となるMOZYSKEYの個展を、超五感Cafe&Gallery PANGAEAとHolon galleryの仙台2会場で開催いたします。PANGAEAでの展示最終日には、MOZYSKEYと親交の深い東京中目黒を拠点に活動するDJ QUIETSTORMをゲストに招き、同じグループショーへの参加などで交流を持つ仙台在住のアーティストSYUNOVENとのライヴ・アクションペイントを行います。そして、内容のハードフルな側面から一般公開はほとんどされてこなかった2003年制作の実験映像集「NUTS OF BOMB BEETS」の中から本人セレクトのもと上映会も予定しております。Holon galleryと併設するスケートショップGOSTRAIGHTではMOZYSKEYがセレクトしたアイテムが並ぶ「ZADA」のポップアップ・ショップも登場します。是非ご来場ください。
http://mozyskey.tumblr.com
企画 ZADA Holon gallery 2014